今だからこそ憲法について考える ~遠藤直哉氏のソフトロー的思考~

saitoekii.exblog.jp
ブログトップ

遠藤直哉 法|遠藤直哉氏のソフトロー的思考

前回のブログで、日本では「法の支配」が浸透していないという問題点を挙げました。今回は、欧米の「法の支配」に対する意識と、日本の司法(もしくは、それに関わる組織)の問題点を挙げていこうと思います。

 今回も例によって遠藤直哉氏の著書「ソフトローによる社会改革」からの抜粋になります。内容は前回の続きです。

 「(中略)欧米でも、法の支配は法律家に任せておくだけでは進展しない、つまり、市民の努力なくして実現しないという認識が進んでいます。そこで、市民や団体、政府の間で民主的な協議を続けていくことにより法を形成する、つまり「応答的な法」の運用が必要となったのです。(中略)日本では、刑事制裁の拡大による「検察の支配」、官僚による「法の解釈や運用の支配」、財界の「金の支配」、大労組の「票の支配」、多数政党の「数の支配」などが、真の「法の支配」を阻害してきました。そんな情けない状況を変革しなければいけません。


 次回も日本の司法の問題点について、遠藤直哉氏の著書を参考にしつつ考察できればと思います。



遠藤直哉Twitter
遠藤直哉Facebook
Dr遠藤直哉のBLOG
フェアネス法律事務所
弁護士 遠藤直哉のホームページ
Amazon.co.jp: 遠藤直哉: 本
youtube遠藤直哉のチャンネル
遠藤 直哉弁護士フェアネス法律事務所 - 弁護士ドットコム
ジュンク堂 著書「遠藤直哉」の書籍
遠藤 直哉 弁護士 - 納得!どっとこむ
遠藤 直哉 - 第二東京弁護士会
まとめサイト
[PR]
by saitoekii | 2015-10-16 10:01 | 遠藤直哉